kanちがい! by </kanworks>
kanworks.exblog.jp

Copyright © 2005-2009 </kanstyle> by Kanworks All Rights Reserved.


コンピューターや自然、友人たちのはなしでふ。が~ん。とうとう12月っ!やり残しばっかり・・・大丈夫かなぁ^^;
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
ライフログ
カテゴリ
最新のトラックバック
ありがとう/ウィンドウズ..
from ありがとう
タオル美術館ASAKURA
from 今治バリバリリンク集
HAPPY CHRISM..
from White Board -♭
晩夏
from 月のかけら
さくら野にエイボンの注文とり
from 仙台ダイアリー。
お気に入りブログ
MEMOっすよ↓φ(..)
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
がま鮎 再来
20年前、弁護士の師匠に教えてもらった鮎の友釣り。
師匠が使っていた鮎竿が、がま鮎 エクセルシオ 引抜硬中硬10mだった。
当時、僕はがま鮎 インデューサー引抜早瀬9mを主体に、がま鮎 プレジデント硬中硬10mの2本構成。
その後、シマノの竿にシフトした。
シマノの競技用ロッド AYU SPECIAL 競 V 90-95 H2.5 Hi-speed などズーム搭載の柔らかい竿になった。
それはある釣クラブのメンバーだったためでもあるが、瀬釣り中心の釣りから泳がせ釣りが主体になった自分の釣りスタイルの変化からもそうなった。
シマノはなかなか好きな調子の竿だったが、無塗装(電着塗装?)なだけによく折れる。
鮎竿のパーツは高い。よく折れる2番は15000円前後。
大きな鮎が竿の真下に入ったとき、パシッと逝ってしまう。
元に近いブランクを破損してしまえばパーツは60000円程度する。
長いこと使ったシマノの竿もボチボチ予備ロッドにすることにした。

今回購入した竿は、がま鮎 競技SPECIAL V-IV 引抜早瀬 95 260g
c0038290_9574384.jpg

c0038290_12172740.jpg

グリップにちょっとした傷があるものの、この時期だから、信じられない価格で手に入った新品同様、しかも来年イッパイの保証書付き。
c0038290_20161998.jpg

これで大物への対処が楽になり、急瀬から早瀬、トロ瀬、チャラ瀬と大抵いける。
来シーズンがとっても楽しみです。
c0038290_14302540.jpg

それにしても「がま」に戻っちゃいましたねw。
[PR]
by kanworks | 2010-09-27 20:19 | 釣り