kanちがい! by </kanworks>
kanworks.exblog.jp

Copyright © 2005-2009 </kanstyle> by Kanworks All Rights Reserved.


コンピューターや自然、友人たちのはなしでふ。が~ん。とうとう12月っ!やり残しばっかり・・・大丈夫かなぁ^^;
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
ライフログ
カテゴリ
最新のトラックバック
ありがとう/ウィンドウズ..
from ありがとう
タオル美術館ASAKURA
from 今治バリバリリンク集
HAPPY CHRISM..
from White Board -♭
晩夏
from 月のかけら
さくら野にエイボンの注文とり
from 仙台ダイアリー。
お気に入りブログ
MEMOっすよ↓φ(..)
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Canon EOS KISS D X 本日発売
初代Kissから10代目なのでXと名付けられたようですが、ベーシックな部分では2代目キスデジNのデザインを継承しているようです。高画素化以外に気がついたことを書いてみましょう。
細かいパーツに関して言えば、柔らかめのホールドができるようなグリップ素材を追加変更、ダイヤルのデザイン変更、シャッターボタンをシルバーから黒にしたため高級感が出ています。
グリップは以前よりも「指あまり」の感がなく良好。背面にも、ホールドの際親指があたる位置に素材を追加しています。
素晴らしいのは、5D並みの大型液晶の採用です。液晶の大型化に関して、キャノンは出遅れていたので大歓迎。ただ写した画像の確認のみではなく、操作系の文字などをここに集約したことはアイデア大賞ものだと思います。(他メーカーのことはあまり知らないから・・・^^;すみません)
しかもセンサー付きで、設定表示から撮影までの切り替えには「顔を近づけるのみ」という楽々操作。
まだ、フィールドで使用していないのでなんともコメントはできないが、結構良さそうです。
気になったタイマーボタンの位置ですが、露出補正時に触ってしまうと液晶がつき、以前のような「いきなりタイマー撮影になった」というような失敗にはいたらない感じがします。
c0038290_6535275.jpg

本体のスイッチをON,OFFする際には、センサークリーニングが働きます。
これも実際に使ってみないと効果は判らないが、心なしか安心できます。
その他、独特のカラー処理ピクチャースタイルをカメラ側に搭載した点も今後のEOS DIGITALの行く道を示唆しているようです。
c0038290_6561120.jpg

ただ、かみさんのカメラだと認識しておかなくては・・・ここが一番辛いかも。
小さなファインダーと、ストロボ部を除けば、かなりイイカメラかも知れません。後はISO800~1600のノイズの出方を試してみたいと思います。

手前は、EOS KISS DX、奥がEOS KISS DN(借り物です)
[PR]
by kanworks | 2006-09-08 06:59 | 写真