「ほっ」と。キャンペーン
kanちがい! by </kanworks>
kanworks.exblog.jp

Copyright © 2005-2009 </kanstyle> by Kanworks All Rights Reserved.


コンピューターや自然、友人たちのはなしでふ。が~ん。とうとう12月っ!やり残しばっかり・・・大丈夫かなぁ^^;
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ブログパーツ
ライフログ
カテゴリ
最新のトラックバック
ありがとう/ウィンドウズ..
from ありがとう
タオル美術館ASAKURA
from 今治バリバリリンク集
HAPPY CHRISM..
from White Board -♭
晩夏
from 月のかけら
さくら野にエイボンの注文とり
from 仙台ダイアリー。
お気に入りブログ
MEMOっすよ↓φ(..)
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:自然( 49 )
霧ヶ谷湿原を歩く
北広島町八幡地区「霧ヶ谷湿原」の自然再生事業(広島県)が終了し、遊歩道が出来たとの連絡をいただきましたので、昨日家族で出向くことにしました。

ほんの数年前、ここの中央部分に当たる場所を小宮くんらと調査。
植物はある程度のもの、たとえば、ヒメザゼンソウなどはポツポツは見られていました。
しかしながら、調査区画内には、数カ所に水があることを確認したものの、水流が早く、加えて明渠や暗渠が縦横に走り、周囲は森林化し、しかも乾燥化していたために、両生類やその卵塊などを一個体も見つけることなく2時間あまりの調査を終了しました。

再生事業によりどの程度の両生類がいるかを遊歩道上から確認してみたかったのでした。
この湿原の再生工法についての説明のある看板前にて。
c0038290_2313898.jpg

以前は3面コンクリート張りの水路は石を組み込み、流れを緩やかにしてあり、すでにタカヤハヤ(ドロ)の姿を確認出来ていました。
c0038290_23134356.jpg

木道の上で。少し日差しが強かったですが、気持ちよかったです。
c0038290_23135664.jpg

この湿原で見られる生き物たち。水路の工法も説明してあります。
c0038290_23143549.jpg

ヤマアカガエルのオタマジャクシだと思います。沢山確認できました。
c0038290_23145088.jpg

他のお客さん。
c0038290_23151085.jpg

この辺りはすでに良い感じです。
c0038290_23152736.jpg

とまあ、確実に両生類は増えています。
夢であった湿原再生。関わられてきた皆さんの思いとか、努力とかをひしひしと感じました。
---------------------------------
カラオケは楽しかったです。
9名の集まりでした。
県外組の愛媛大生2名、関西の沙織も帰って来てくれたし。河野やカネバ、翔平も来たし・・・
藍子の笑顔は相変わらずで、コジマ引き続き幹事ご苦労様でした。
夏にはまた何らかの形で遊びましょう!

写真ははじまった直後のものです
c0038290_2333140.jpg


さて、明日からまた仕事再開です。
ちと気が重いですが、頑張らなければ・・・
[PR]
by kanworks | 2010-05-05 23:03 | 自然
初冠雪・初雪
昨夜、seasonsの仲間でメールが飛び交う。
この土曜日には八幡での小祭りがある。
久しぶりの会話を楽しもうと、ずいぶん前から楽しみにしていたのだが、
訳あって不参加になってしまうので、申し訳なく思いながらのメール。

seasonsの忘年会か新年会まで皆さんとワイワイやるのはお預けになりそうだ。

くみチョーからは初雪の知らせが届く。
マジですか・・・そういえば何年か前に紅葉と新雪が重なり、
白川氏が良い写真を撮って以来のことのようです。

朝から持って行くべきものを持って八幡に向かう。
松原あたりから雪の気配が見られ、深入山では結構な雪。
c0038290_2243468.jpg

車に乗ったままシャッターを切り、八幡へ急ぐ。
c0038290_22441921.jpg

苅尾(臥竜)登山口では約10センチ程度。
そして自然館前では・・・重い雪がカエデやコナラに降り、枝をねじ曲げる。
c0038290_22463769.jpg

MRワゴン 4WDでやってきました。タイヤはノーマル。
めちゃくちゃ寒い朝になりました。

そして、白川氏に物を手渡して、ろくに写真も撮らず、広島向けに・・・。
車をプリウスに替え、坂町→本通り→宇品→坂町→宇品→紙屋町→安佐南区の自宅へ。

寒いです。
[PR]
by kanworks | 2009-11-03 22:46 | 自然
ブナ林にて
小学校3年生の時、いとこに連れられ初めて臥竜山に登った。
八幡からの道が未舗装であるが8合目へと伸びていた。
あれから40年、7合目の大きなブナの木は相変わらず健在だ 。

その7合目にさしかかる少し手前、僕の好きなブナの老木がある。
谷間にあるため、風をもろに受けにくく比較的しっかりしている。

臥竜山にはブナの数が多いが、自分のお気に入りの木は数少ない。
この木はその中の一本。
年に何度か足下に立ち、話しかけてみる。
どうも彼も疲れているらしい。

フィシュアイを取り出して、足下に寝っ転がって天に向けてシャッターを切る。
すると彼と平行に立っていた他の木々が、彼を中心に取り囲む。
そして、レンズには、涙とも汗とも判断の付かないひとしずくが落ちてきた。
しかし、一向に気にせずシャッターを切り続ける。

c0038290_20342420.jpg

どうだ?ハンサムに撮ってやることができたか?
イマイチだったか?彼はうなずいたようにも感じた。

EOS 5D + SIGMA 15mm FISHEYE 180°
[PR]
by kanworks | 2008-10-08 20:33 | 自然
八幡高原 風の色
秋が近づくと雲が風に乗り大きく移動して行く。
北からヤマナラシ、そして苅尾に向かって移動して行く。

山の香りも秋になると草の香りから、空の香りへと移ろう。
なんて清々しいんだろう。

風の色は季節や時間帯、天候により変わる。
脳内で作られた頼りないが、鮮明な色だ。

c0038290_22223898.jpg


湿原、森、草原・・・そのすべてが意識の中で調和し、存在する。
雲は流れ、結びながら、離れながら時間は流れて行く。

いつまで追い求めるのだろうか。
何を最後は手に入れたいのだろうか。

そんな疑問を抱いたまま、八幡高原を今日も歩く。
[PR]
by kanworks | 2008-10-07 22:28 | 自然
雨の森
最近森に行くときはいつも雨模様
3年前EOS 5Dを購入してすぐ「太古の森にて」という作品を撮影した。
友人たちは、雨の森のことを「太古の森」と揶揄して言う。こういう会話も楽しいものです。

あの頃は色々と写欲があって、あれこれ撮影したくて仕方なかったが、
今は落ち着いてきたような気がする。あまり焦らない。

c0038290_657282.jpg


これも年を取ったせいなのであろうか。

それとも、仕事がここ2年間激務になっていて、それどころでないからであろうか(笑)

でも、この間入院したときにもちゃんと職場は動いていた。

僕がやっていた仕事は、後輩がちゃんとしていたので、少し安心しました。

こういうのもありなんだなと思いました。
[PR]
by kanworks | 2008-10-07 07:12 | 自然
ポルノグラフィティ 10年目に突入
一昨日デビュー10周年を迎えたポルノグラフィティ
実はすべてのアルバムを持っていて一番よく聴くアーティストです。
因みにDVDも2種類持ち合わせています。

10月には5年ぶりのベストアルバム2枚が出されます。
たぶん2枚とも買っちゃうんだろうなぁ・・・。

ベストって色々な意見があるのだが、ホント言うとあまり好きではありません。
僕はどちらかというとオリジナルアルバム派。
大ヒットに結ぶ付くようなリズミカルですぐに心地よく入ってくる曲もいいけど。
たとえば、"Twilight, トワイライト"という戦争を風刺したちょっと変わった曲が大好きですし・・・。

でも、ベストってやっぱり彼らが決めたベストだろうから
それなりに彼らの心情は理解してあげたいしね。

とにかく・・・
アキヒトの透き通った美しくパンチの効いたボーカル。
ハルイチのセンスあるギター旋律。

これからもずっとファンの一人として応援していきたいと思います。
[PR]
by kanworks | 2008-09-10 20:10 | 自然
シラヒゲソウの調査風景
ある高等学校の先生が再生中の湿原「まとばえき」の調査エリアで、
シラヒゲソウの調査をされている場面に出会いました。

先生1名と生徒さん3名がデータをとられていました。
どうでも2~3日前が開花のピークで、
花と蕾を合わせて700個体以上を確認されていました。
9年前、最初にシラヒゲソウを確認した時はわずか数株でした。
凄いことになってきました。
環境が合っているのでしょうね。
c0038290_19563220.jpg

さて、調査ですが、花の状態、気温、水温、水のPHなどのデータを取られていました。
さて、どういう風にまとめられるのかが楽しみです。

※写真は、NHKでも紹介された、休耕田を湿原に再生している「まとばえき」で撮影しています。
 くれぐれも天然の湿地(湿原)には入らないようにしましょう。
[PR]
by kanworks | 2008-09-08 20:01 | 自然
NHKミニ番組 『八幡高原の四季』 放送について Vol,2
八幡ファンの皆さまへ

『八幡高原の四季』(5分ミニ番組)の
編成が決まったようですので、ご連絡します。
いずれも総合テレビ・広島県域です。

5月分です。

■「命育む太古の湿原 ~春・八幡湿原~」
  5日(月・祝)午後0:40~0:45
 10日(土)  午後0:40~0:45

■「水潤うブナの森 ~春・臥竜山~」
  6日(火・祝)午後0:40~0:45
 11日(日)  午後2:05~2:10

ヨロシクお願いいたします。
[PR]
by kanworks | 2008-05-01 19:56 | 自然
NHKミニ番組 『八幡高原の四季』 放送について Vol,1
昨年度、八幡高原を取材した映像素材からミニ番組『八幡高原の四季』(5分)を
8本制作されることになったそうですのでお知らせします。

まずは春編の2本の放送日が決まりましたので、その日時をお知らせします。

●命育む太古の湿原 ~春・八幡湿原~
 4月26日(土) 12:40~12:45<広島県域>

●水潤うブナの森 ~春・臥竜山~
 4月29日(火・祝)12:40~12:45<広島県域>
 5月 2日(金)  16:45~16:50<広島県域>

わずか5分間ではありますが、今回は前回よりも少し生態について踏み込んでコメントされ、
これまで登場していないシーンもあるそうです。

尚、この他にも随時放送していく予定でだそうで、日時が決まりましたら、ここでお知らせします。

それではヨロシクお願いします。
[PR]
by kanworks | 2008-04-24 06:59 | 自然
NHK ふるさと発スペシャル 放送について
c0038290_22451749.jpg

放送確定のお知らせです。
NHKのwebで紹介が始まったので、本日私からも紹介させていただくことにしました。

NHK広島放送局が昨年春から、この冬まで約1年をかけて取材した八幡高原の自然を題材にした番組がこのたび放送されることとなりました。

豊かな自然と人々の文化、アカショウビンやヒロシマサナエ、消滅しつつある湿原とそこに棲む独特な植物など、昨年9月に放送された番組に秋・冬の表情も追加されているようです。

番組名 :  ふるさと発スペシャル

        命きらめく小宇宙 ~広島・八幡高原の四季~

【本放送】平成20年4月4日(金)午後8:00~8:43<中国地方向け>
【再放送】平成20年4月6日(日)午後2:15~2:58<中国地方向け>


制作:NHK広島放送局

↓参考webサイト NHK ふるさと発、ふるさと発スペシャル
http://www.nhk.or.jp/hiroshima/furusato/index.html

昨年に引き続き、ヨロシクお願いいたします。
告知のためしばらくTOP記事にしておきます。
[PR]
by kanworks | 2008-04-06 15:00 | 自然